読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらVPSを使って独自ドメインのメールをgmailで受信する方法

gmail

通常、独自ドメインでメール受信したいと思ったら下記のような方法がある

レンタルサーバーを借りて、別料金で独自ドメインを取得すれば、管理画面等でメールの送受信が可能
Yahoo!ドメインのサービスを利用すると月額数百円で独自ドメイン取得&メールの送受信が可能
・その他dtibiglobeなどのプロバイダのサービスでも可能
・以前はGoogleAppsが利用できたけど今は出来ない


そして、さくらVPSの場合は、メールサーバーの設定が必要となる。VPSのネックの一つにメールがある。レンサバなら大抵メールがセットになるけどVPSは自分で設定が必要。

■さくらVPSを使って独自ドメインのメールをgmailで受信するまでの手順

・お名前.comで独自ドメイン取得

独自ドメインのメールをGmailで受信する場合は、一度確認メールを受け取る必要があるのでまずは受信可能な環境を作る必要がある。

・お名前のDNSレコード設定

1) AレコードにさくらVPSの固定IPを設定
2) MXレコードのvalueに「xxxxx.sakura.ne.jp」を設定。@sample.comのようなアドレスであればホスト名は空欄。優先度10
3) TXTレコードのvalueに「v=spf1 mx ~all」を設定。Spfの設定。なりすましの検出

・さくらvpsの設定
yum -y install sendmail-cf

/etc/mail/sendmail.mcを編集して以下の行をコメントアウトします。

DAEMON_OPTIONS(`Port=smtp,Addr=127.0.0.1, Name=MTA')

sendmail.cfを再構築
m4 /etc/mail/sendmail.mc > /etc/mail/sendmail.cf

自分のドメインをlocal-host-namesに追加。
vi /etc/mail/local-host-names
sample.com

service sendmail restart

25番ポートあけます
vi /etc/sysconfig/iptables

  • A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 25 -j ACCEPT

service iptables restart
iptables -L

・ポートチェックサイト等で25にアクセスできること

以下のサイトで不正中継チェック
http://www.rbl.jp/svcheck.php
no relays accepted. と出ればOK

gmailのアカウント・インポート>名前>メールアドレスを追加 からメールアドレスを追加
※「gmailを経由して送信」を選択して、確認メールを送信する


今回取得した@sample.comについてはこの時点でgmailから取得できた(以前に設定していたため)
(@sample.com宛にメールを送信するとmaillogに表示される)

本来であれば、sendmailでメールを転送するなどして何らかの形で一時的にメールを受信する必要があると思う。

2014/12/09追加

gmailを経由して送信」がなくなったので以下を参考にすること
【自分用メモ】Gmailで別のアドレスを送信元に設定する時に「Gmail 経由で送信する」を選択できない | AndMem - Androidのカスタマイズなど

sendmailの転送設定は以下のサイトを参考にすること
sendmail の転送設定(aliases)

※転送して確認メールを受け取ったあとは、転送設定を解除するのを忘れないこと!

どうやらgmailでの送信が出来なくなっているぽい。
受信は以下のサイトのほうが楽だった。

お名前.com管理ドメインのメールをGmailで使う | MODX for Professionals